太陽の末裔 韓流


おすすめ韓流ドラマE〜ほっこり癒し系3選〜

ハラハラ、ドキドキ、ドロドロ、ゾクゾク…そんな言葉がぴったりな韓流ドラマですが、見ているだけで癒されるようなホッコリ作品もたくさんあります♪疲れた時にのんびり見たい珠玉の3作品をご紹介します♪

 

 

「アクシデント・カップル」

 

キム・アジュンが、大ヒット韓国映画「カンナさん大成功です!」以来、約2年半ぶりに女優活動を再会。キュートな演技とドラマでのファッションは必見です。

 

「アクシデント・カップル」の韓国語原タイトルは、「ただ見守っていて」。単語の最初の文字を繋げると「そのバカ」という意味になり、ひたすら人のいいドンペクを思い起こさせます。それが覚えやすく、韓国放映中はそのニックネームが定着していました。

 

ドンペク役のファン・ジョンミンは「ドンペクのような人はいます。純粋で汚れが無く、暖かな笑いを作ってくれる魅力的な人」と言い、演じながらドンペクの人柄に惚れ込んでいったそう。

 

⇒詳細ページはこちら♪

 

 

同名コミックを原作とした「想像ネコ〜僕とポッキルと彼女の話〜」は、韓国で初めてネコをメインキャストに据えたヒーリングドラマ。大の動物好きだというユ・スンホは「ネコをはじめ、動物という存在に対する人々の認識を変えたい」と、数々のオファーの中から除隊後の復帰作として本作を選択。3年ぶりとなるドラマ出演を果たし、ネコとの暮らしの中で心の傷を癒していくジョンヒョン役を好演しました。

 

⇒詳細ページはこちら♪

 

 

自閉症をもつ一方、天才的暗記力と人体のあらゆる器官の構造を把握する脅威の空間認識能力をもつ〈サヴァン症候群〉の青年、パク・シオン。そんな彼が障害に対する偏見や自分自身の弱さを乗り越え、小児外科医を目指し成長していく姿を描いたヒューマン・ピュアストーリーです。

 

自閉症という難しい素材を扱った物語ですが、患者としてではなく、医師として描いている点が斬新。スポットを当てているのもパク・シオンの障害ではなく、彼が持って生まれたピュアな心で、その汚れない心が患者の病気だけでなく周囲の人々の心まで癒していくストーリーは、見ている者の心まで優しくしてしまいます。

 

⇒詳細ページはこちら♪

 

いかがでしたでしょうか?間違いない!作品なので、ぜひ見てみてくださいね♪

 





おすすめ韓流ドラマE〜ほっこり癒し系3選〜:韓流の大辞典



おすすめ韓流ドラマE〜ほっこり癒し系3選〜:韓流の大辞典